1.16.2011

CDレビュー第二弾

昨日の勢いが残っているうちにどんどんやってしまいましょう。
今日は主にBMS勢の作品を聞いてみたいと思います。
結果的には昨日以上にえらい時間がかかった…


◆the Diverse System
まずはこちら。いきなり大ボリュームで大丈夫か。
(ちなみに曲順については店舗委託verに準拠しております。イベント頒布版がエラー頻発だったので
自分で焼き直しました。ショップ待った方が良かったか。そこは手に入る早さで納得しましょう。)
>disc1
のっけから好みなトランス。早速2曲目で来ましたvoidさん。ほんとこの人の曲には弱い。ドツボ。_ゝ⌒)
tr3.落ち着いた雰囲気のよいトラン…ハウス?tr7.このリードいいですね。距離感がいい。
ここまで聞いてdisc1はおおかたtrance/houseディスクなのかなと想像する。
tr8.箕島さんがこの面々の中に混じっているのは何となく新鮮ですね。
箕島さん最近こういう曲作ってるの?(多分違う)箕島さんについてはTroisの方でじっくり。
tr9.冒頭きいて「ヤバい編集ミスったか」と思った。そんなことはなかった。そうきたか。
tr10.この流れでまさかのピアノソロ北!ワンクッション。
最後はミニマルのような渋カッコいい〆。trance/houseディスクなんてことはなかった。
>disc2
tr2.好きです。そしてtr3もおっ誰だろうと思ったら削除さん。いろんな音作るなあこの方は。すごい。
tr5.やるなあ。ドラムがかっこいいです。ドラムンリード。ないか。
tr7.何故か不意にmabinogiを思い出した。マビノギをすごくかっこ良くした感じ。(なんだそれ)
tr8.かっこいい!disc内一番かもしれない。tr12.RIGHTSTUFFまでいるとは!無論プロッグ。
tr13.リコーダー風の音が可愛い。tr14.イントロで拍を見失う。面白い曲。
最後は歌物の4つ打ちで〆。アウトロが綺麗。しかしよくこの短時間で歌モノ作りますね。
>disc3
tr2.チャキチャキしててかっこいい。聴きやすい。tr3.タイトルのとおり、透き通った印象の曲。
サビのメロディが凄くいい。あえて例えるなら猫叉master。お気に入りです。
tr5.ドラムン調かっけえと思ったら後半何が起こった。
tr6.三澤さんいいです。ちゃんと声に似合う曲調で作ってくれてるので素晴らしい。
tr8.しっとり系。シンプルだけど丁寧な印象。
ちょっととばしてtr13.おや…?アルバム変わったのかと思った。3枚の中で一番いいかも。
ジャンル的にはドラムン?小気味のよいリズム隊もいいし広がりのあるvoもよい。男性voは卑怯。
イチオシですが短いのが玉に瑕といったところ。長いのがあったらぜひ聞きたいくらい。

リリースまで紆余曲折あった今回ですが、さすがDiverseといえる作品。
これまで培ってきたものを感じられる作品です。
しかし音飛びしてる曲が2,3あったのでこれはやはり店売り版も買ったほうが良さそうですね。
(追記:どうやらうちにある全てのドライブとの相性がわるいみたいですね。なんにしろ残念。)


◆Disclude / void
今回出来れば手に入れたかったCDその3。Ordealのためだけに買ったと言っても過言ではない。
基本好みな曲調なのでまあ損することはないだろうと。
tr1から目的の曲なんでテンション上がります。冒頭の神々しいコーラスにいかにもなストリングス
そして重ねあう重厚なクラブサウンヅ…(⌒,
端的に言うと厨二サウンドなんですが、そういう分かりやすくかっこいいのは好きです。
tr5とかも高速breaksかっこいいです。ジャンルがわからない。~~ステップみたいな。
続くtr6も割と速め4打ちに乱打系泣きメロ全開で好きです。
tr7.中盤くらいからが好き。僕はことごとくこういうピアノに弱い。リズム隊の入り方も好き。
tr11.よくある感じですが好きです。ブレイクのclapがいい。もっというとこの小節が好き。
tr14.これもなかなかいいです。voとよくマッチしていると思う。サビのメロディーが特徴的で好き。
tr15.表題曲。何が来るかと構えていたら笛が鳴り出して不意を突かれた。
いい響きだなあ。QL音源だろうか。いわゆるUplifting Tranceですね。タイトルに負けてない。
Tr16.〆はピアノアンビエント。ここに来てようやくクッション。ってもう最後だった。

Disclude、聴き応えありました。というか正直な話、1枚まるまる聞くと結構疲れます。
ド頭から厨二全開のまま進みますので。好きな人にはたまらない。というかこれ500円なんですよ。
知らなくても買って聞いたらいいんじゃないって言いたいです。1曲目だけ聞けばいいんで。(ひどい)


◆vocalomemory / electro planet
今回も錚々たるメンツですelectro planet。
ミクで積極的に聞いてるのはこのエレプラとあとは俺ミク勢くらいでしょうか。すいません。
全然関係ないけどどこもかしこもミクばっかじゃないです?俺ルカとかないんですか。すいません。
tr2.ちばけんさんうまいなあ。おしゃれハウス。こういうの作れないので感心してしまいます。
tr3.若干速めの4打ちさわやかPOP。いいですねえ。「須田の愛」に聞こえます。お気に入り。
tr7.Norikenさん!のりけんさんの速い曲もかなり好きなんですよね。要所要所の刻みがうまい。
tr10.ロック!ずっとトランス寄りな感じだったので新鮮。ギターかっこいい。途中のソロ素晴らしい。
tr11.イントロでグッと。プロッグな音です。dokuさんメキメキと力を付けていて、応援してます。
tr12.渋い!いいですね~。思わず腰を動かしたくなるこのリズムセンス。お気に入りです。
Clean Tearsさんといえばseraphが結構気に入ってたみたいですが僕は
「おいwこのw藤原さんのミクwけしからんなwマジけしからんわ~wポスターあれば絶対買うレベルwはーw」
とかクソみたいなことしか言ってなかった記憶があります。クソですねこいつ。

そしてラストを飾るのはeollさん。
eollさんはBOF2010で初めて知ったんですが、そこでの楽曲が素晴らしくて、以来大注目してます。
柔らかくて優しい音使い。いわゆるCメロ部分が印象的で素敵です。

全体的にtrance/house寄りですが、1曲1曲が完成度高い。
こういう言い方はちょっとあれですけど、skipするような曲がなかったです。
ちなみにこれも500円。恐ろしい。

さて、ジャンルが偏りつつあって疲れてきたのでクッション入れたいんですがかまいませんねっ


というわけでおふとんさんです。
こないだの冬コミで新譜とCartoonCouncilシリーズの1~4をまとめ買いしました。
ginreiさんは音はもちろん絵も描けるしデザインもやるし趣味はおしゃれだしなんなの!
ここでは敢えて旧譜の方をピックアップして聞いてみたいと思います。
▼CartoonCouncil
シリーズのジャケットに描かれている銀髪の男の子すごい好きです。一緒におふとんで寝たい。
…で、CartoonCouncilとは?っていうそもそものところから。前知識などあったもんじゃない。
~今回はボクの大好きな
ジャン=ジャック・カミュ監督の映画"The Council"をモチーフにした"Cartoon Council"。
映画を下敷きにしてボクが結構長い間考えてたプロットに音楽をつけました。
そんなこんなで映画のパロディの、そのまたサントラ/イメージソングという、
とてもややこしい作りですが...~

ginreiさんの説明によるとこうです。や、ややこしや!!
僕みたいな能無しだったら企画倒れ必至ですね。ていうか企画の前に倒れます僕が。

そんなこんなでシリーズ1から聴き始めたわけですが。この時点で気づきました。
これは曲単位でレビューできるようなもんじゃないですって。
と、いうのもですね、前述のとおり明確なコンセプトがあっての作品なんですが、
そのコンセプトデザインがもうほんとうに完璧すぎてですね、崩しようがないんですよ。
どの曲のアレコレがいいなと言えなくもないんですが、そうじゃないなと思えてしまったんで。
「シックにキュートに、エレガンスでアダルト。」
まさにこの言葉通りです。鼻血出そうになったよ。夜はこれ流して生活することにしよう。
まとめて全部買ってきてって言ったのは正解だった。
くそう、いちいちシャレオツでginreiさんには天地がひっくり返っても敵わない。

良いクッションになったんでここで区切って次の記事いきましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿