1.18.2011

CDレビュー企画第3弾

こんどこそやります。最近はFUTONさんのCDかけて風呂に浸かるのがマイブームです。
多分前後編に分かれます。



◆Flower x Flower / Studio K.N.S.
冬コミでは、僕個人としてもhavariと組んで幽香オンリーアレンジを作ってたのはご承知でしょうが、
その企画がまるっきし被ってた問題のサークルさんです。
(どちらかというと俺らが空気読めてないのは確定的に明らか。位置も隣どうしだったしw)
はー楽しそうだな~合同とかいいな~~絵師もいっぱいいて豪華だな~白目
結構アレンジ曲かたよ…って、眠れるが1つもなかったのは意外。やはり今昔人気。
今思うと全曲やるよっていうのは無謀だったか(遠まわしな俺頑張ったアピール)
最後のNecroさんの曲は、実は僕もやろうと密かに目論んでいた(結局やれてなかったけど)
ピアノバラード調のしっとり曲調で、やられたな、という感じ。
ふりかえって見るともう1回くらいは全部新規作り直しでやるのもいいかなって…(思うだけ)
恋塚くらいはまたいつか。



北欧(東欧?)系の素晴らしい音楽を提供しているサークルCasket。
冬新譜のベスト盤が売り切れちゃってたので。CasketⅡとAmarach i chuimhne(読めない)を購入。
今回はその2枚からCasketⅡの方をピックアップしてみましょう。
あんまり関係ないけど、えすかさんにはいつ顔を合わせることができることやら。(ニアミスしてばっか)

◆casketⅡ/ casket
冒頭からある意味期待通りの、この踊るようなウィスルの旋律はまさにといった感じですね。
というかもうほとんどそれに終始しちゃうんですけどね、僕の好みすぎて。
もちろん楽器の編成もさすがに上手い、からこそのこの完成度なんでしょうけど
とにかく笛が素晴らしいですね。それと独特の変拍子も、なんというかよく作れるなあというか。
この手のジャンルは入口を見つけるのが苦労するので、同人でこういったのがあると助かりますね。
(とはいってもCasketを見つけたのもたまたまといえばそうなんですが)
全体的に申し分ない出来で、掛け値なしでどの曲も好きですが、特にというならtr1,4が好きですね。
これはベスト盤もそのうち買おうと思います。



◆vivid step / pastyle
でっで出た~~~ドラムンベースクリエイターさんの新作だァ~~!
あのziki_7をゲストに迎えての、怒涛の東方DnBアレンジ!
あとなんかもうひとり頭おかしいのがゲスト参加してます。
tr.2はイントロからキてます。エイリアン飛来からのぐわんばベース!刻みがクソかっこいい。
tr.5 リトルダイモン。いやあ~こう来るか、参りました。
zikiさんは毎回毎回期待の斜め上を行くっていうか。常に新しいことやってるような気がします。
終盤のメインフレーズがなんかネトゲっぽくて少し笑う。
と、こうして他の方と比べてみると僕の曲えらい短いなあ‥
もっとメリハリつけたいね、あと破壊力が足りない。
やはりまだまだ要勉強、1歩どころか2,3歩くらい至らないですね。
しかしいいものに参加させてくださってLazさん感謝です。(つけめんありがとうの気持ちを添えて)
今夏もなにかやらかすみたいなので楽しみですねd('n')b



◆妖精戦奏曲 Scherzo of Fairy wars / dBu music
もはやお馴染みのdBuさん。安定感があります。毎度のことながら。
ジャケ絵も毎回安定してきれいで可愛いんで、とりあえず毎回買っておくか的CDですよね。
そういえばメガネ拭きもらえませんでした。どんだけメガネユーザー多いんだよ!

◆暁のヴァンピレス~夜鳴鳥~ / PEACH-PIT x dBu music
そんなdBuさんがあのPEACH-PITとコラボ。一体何が起きた。
ゴシックな世界観漂うサントラ風味のCD。存外に完成度高くてびっくり。うまいなあ。
tr.4が可愛いワルツで好きです。雰囲気たっぷりの6曲目もなかなか。



◆Hopeless Track/Inner Soul / Studio IIG
StudioIIGさんのオリジナルフルアルバム。
俺ミクでもダントツの正統派でおなじみの(?)あのIIGさんのアルバムが遂にでました。
IIGさんの作る曲の徹底されたポップス感は一目おくものがありますね。編曲がうまいんだろうか。
前半は明るい元気な曲、後半はゆったりしっとりとした曲。
tr.3 分かりやすくテンション上がる曲。後ろのオケもいい。
同じような流れでtr.6 このあたりも好み。
あと面白いのがtr.5 ステレオがうねりまくり。ヘッドホンで聞いても面白そう。
後半はなんといっても人気のtr.10 人気なだけあって良い曲。素晴らしい。
tr.8の後ろのギターのムーディーな感じもよいですね~。
tr.9の秋の夕暮れ的哀愁が漂う感じもいい。フォーマルハウトだけに。
最後にオマケ的にzikiさんのInnersoulリミも入ってます。いやあ~相変わらずうまい。
僕基本的に歌モノ聴くときあんまり歌詞が歌詞として入ってこない、ずいぶん失礼な話なんですけど、
で、改めてこの歌詞見てみると、とても繊細な歌詞を書いていらっしゃる…
なんか女の子みたいな歌詞ですね。IIGさん女の子だったのか。

オチが付いたところで(ひどい)一区切りして後半に続きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿